学校案内衛生士科技工士科入校案内
入学案内

修業年限・募集人員

※衛生士科と技工士科の併願が可能です。

学 科 修 業 年 限 募 集 人 員 対 象
衛生士科 3年(昼間部) 50名 男・女
技工士科 2年(昼間部) 30名 男・女

出願資格

推薦入試

次の①および②~④のいずれかの条件に満たす者

① 在学する学校の校長、学長または学部長から推薦を受ける者(本校所定のものを使用する)

② 評定平均値が技工士科はC段階以上、衛生士科は3.0以上で、
   高等学校を平成30年3月卒業見込みの者

③ 大学・短大を平成30年3月卒業見込みの者

④ 大学院在学者

 

社会人特別入試(技工士科のみ)

次のいずれかの条件を満たす者

① 高等学校を卒業した者、又はこれと同等以上の学力があると認められる者。

② 通常の課程による12年以上の学校教育を卒業した者。(専門、専修学校、短大、大学、大学院)

③ 文部科学省の高等学校卒業程度認定試験に合格した者。

 

一般入試

高等学校もしくは、専門・専修学校、短大、大学、大学院を平成30年3月卒業見込みの者。

 

社会人入試

次のいずれかの条件を満たす者

① 高等学校を卒業した者、又はこれと同等以上の学力があると認められる者。

② 通常の課程による12年以上の学校教育を卒業した者。(専門、専修学校、短大、大学、大学院)
③ 文部科学省の高等学校卒業程度認定試験に合格した者。
 
※実習において化学製品を取扱いますので、アレルギーのある方は事前にご相談下さい。

出願期間・試験日・合格発表

衛生士科と技工士科の併願ができます。(ただし、推薦入試・社会人特別入試(技工士科のみ)は除く)

 

技工士科

入学試験種別 試 験 日 出 願 期 間 試験科目・開始時間
第1回 推 薦
社会人特別
10月1日(日) 9月11日(月)~
9月22日(金)

作文・適性・面接 10:30

第2回 一般一次
社会人一次
11月12日(日) 10月23日(月)~
11月2日(木)

作文・適性・面接
10:30

第3回 一般二次
社会人二次
12月3日(日) 11月13日(月)~
11月24日(金)

作文・適性・面接 10:30

第4回 一般三次
社会人三次
1月14日(日) 12月18日(月)~
1月9日(火)

作文・適性・面接 10:30

第5回 一般四次
社会人四次
2月4日(日) 1月18日(木)~
1月26日(金)

作文・適性・面接 10:30

第6回 一般五次
社会人五次
3月4日(日) 2月13日(火)~
2月23日(金)

作文・適性・面接 10:30

第7回 一般六次
社会人六次
3月18日(日) 3月5日(月)~
3月14日(木)

作文・適性・面接
10:30

 

 

衛生士科

※第2回までに募集定員に達した場合は以降の入学試験は行いません。

入学試験種別 試 験 日 出 願 期 間 試験科目・開始時間
第1回 推 薦 10月1日(日) 9月11日(月)~
9月22日(金)

作文・適性・面接 10:00

第2回 一般一次
社会人一次
11月12日(日) 10月23日(月)~
11月2日(木)

国語・作文・適性
面接
10:00

第3回 一般二次
社会人二次
12月3日(日) 11月13日(月)~
11月24日(金)

国語・作文・適性
面接
10:00

第4回 一般三次
社会人三次
1月14日(日) 12月18日(月)~
1月9日(火)

国語・作文・適性
面接
10:00

第5回 一般四次
社会人四次
2月4日(日) 1月18日(木)~
1月26日(金)

国語・作文・適性
面接
10:00

第6回 一般五次
社会人五次
3月4日(日) 2月13日(火)~
2月23日(金)

国語・作文・適性
面接
10:00

 

試験科目・時間

衛生士科:推薦入試、技工士科:推薦入試・社会人特別入試

10:00~ 作文・適正
13:00~      面接

 

 

衛生士科:一般入試・社会人入試

10:00~ 国語・作文・適正
13:00~      面接

 

 

技工士科:一般入試・社会人入試

10:30~ 作文・適正
13:00~      面接

出願手続き

提 出 書 類 形 式 備 考
入学願書 本校所定用紙

両科の併願を希望する者は第一志望の用紙を使用し、併願希望欄に○印を付ける。
*ただし、推薦入試・社会人特別入試(技工士科のみ)は併願できません。

調査書もしくは成績証明書  

*推薦入試の条件は、出願資格をご参照下さい。

推薦入試 条件②  一般入試該当者
(調査書)出身高校の厳封した調査書
 
推薦入試 条件③・④ 社会人入試該当者 
(成績証明書)最終学歴のもの。
ただし、最終学歴が専門学校の場合は、高校または短大・大学のもの。
 

(注)卒後5年を経過している等、発行が不可能な場合は、卒業学校においてその旨を記載したものを提出する。(書式は問わない)

卒業見込証明書
もしくは
卒業証明書
 

高等学校在学者は調査書をもってこれに替える。
最終学歴に該当する学校の証明書。調査書・成績証明書内にこれらの事柄が含まれているのであれば、省略できる。
最終学歴が専門学校の場合は、高校または短大・大学のもの。
また、大学院在学者は、大学の卒業証明書。

高卒認定試験(旧 大検)合格証明書  

該当者は提出

履歴書 本校所定用紙

写真は正面・無帽・上半身、出願前3ヶ月以内に撮影(縦5cm×横4cm、裏面に氏名を記入)のものを1枚用意し、所定の場所に貼付する。

推薦書 本校所定用紙

推薦入学志願者のみ必要。出身校の校長、学長または学部長の作成したもの。

受験票・写真票・検定料 本校所定用紙

写真は正面・無帽・上半身、出願前3ヶ月以内に撮影(縦5cm×横4cm、裏面に氏名を記入)のものを2枚用意し、所定の箇所に貼付する。

入学検定料 本校所定用紙
20,000円

郵便局にて、本校所定用紙で振込の上、検定料納付票に払込金受領証のコピーを貼付する。

(注)既納の入学検定料は、事由の如何を問わず返還しない。

住民票 京都府内
在住者のみ
必要

京都府外
在住者は不要

京都府内在住者は、入学金減額措置を行う。
確認のために受験者本人の住民票を下記の日付を基準とし、準備する。

【平成29年8月1日以降】
社会人特別入試(技工士科のみ)
推薦入試
一般一次入試・一般二次入試
社会人一次入試・社会人二次入試

上記に該当しない入試 【平成29年12月1日以降】


注意事項

①出願場所: 本校 2階 学校事務局(場所の詳細は試験場と同じ)

②出願方法: 郵送受付 〆切日の消印有効

         窓口受付 月曜日~金曜日(祝日を除く)
         午前9時~正午、午後1時~5時
         (8月15・16日・12月28日正午~1月4日までは休館日)

③一度納入した入学検定料、その他の提出書類は返還しない

入学試験場

京都歯科医療技術専門学校
〒604-8418 京都市中京区西ノ京東栂尾町1番地

TEL (075)812-8494

入学手続き

入学手続きに必要なもの(衛生士科・技工士科)

  衛生士科 技工士科
(1)誓約書

本人および保証人の誓約書
用紙は本校より交付する

本人および保証人の誓約書
用紙は本校より交付する

(2)入学金

400,000円
(注)京都府内在住者は100,000円を減額する

400,000円
(注)京都府内在住者は100,000円を減額する

(3)授業料

225,000円 前学期分・年額の1/2 
(年額 450,000円)

225,000円 前学期分・年額1/2の
(年額 450,000円)

(4)実習費

100,000円 前学期分・年額の1/2 
(年額 200,000円)

140,000円 前学期分・年額の1/2 
(年額 280,000円)

(5)施設維持費

30,000円 前学期分・年額の1/2  
(年額 60,000円)

30,000円 前学期分・年額の1/2  
(年額 60,000円)

入学手続期間

合格発表 入試種別 入学手続
※各入試終了後4日以内に本人宛に簡易書留速達郵便にて合否の結果を通知する。 第1回入試 10月12日(木)午後5時まで
第2回入試 11月24日(金)午後5時まで
第3回入試 12月14日(木)午後5時まで
第4回入試 1月25日(木)午後5時まで
第5回入試 2月15日(木)午後5時まで
第6回入試 3月15日(木)午後5時まで
第7回入試 3月23日(金)午後5時まで

※合格を通知された方は、手続き期間内に学校事務局に誓約書を提出し、入学金・学費(前期分)を納入すること。
※電話による{合格発表」に関する問い合せには、一切応じない。

 

注意事項

①上記の期日までに入学手続きを完了しない場合は、入学を許可しない

②一度納めた入学金および書類は返還しない

③3月31日までに入学を辞退した場合、既納の授業料・実習費・施設維持費については返還に応じる

④技工士科においては、肢体不自由者は入学金および授業料を半額に減額する

学費等(学納金)

衛生士科3年間の総費用は約310万円、技工士科2年間の総費用は約252万円

    衛生士科 技工士科

入学金 40万円(年) 40万円(年)
授業料 45万円(年) 45万円(年)
実習費 20万円(年) 28万円(年)
施設維持費 6万円(年) 6万円(年)
小合計 111万円 119万円
1年次諸経費 7万円 9万円
教科書・器具・白衣 約30万円 約36万円
小合計 37万円 45万円
合計 148万円(府外在住者) 164万円(府外在住者)

2

授業料 45万円(年) 45万円(年)
実習費 20万円(年) 28万円(年)
施設維持費 6万円(年) 6万円(年)
小合計 71万円 79万円
1年次諸経費 7万円 9万円
教科書・器具 約6万円 -
小合計 13万円 9万円
合計 84万円 88万円

3

授業料 45万円(年) -
実習費 20万円(年)
施設維持費 6万円(年)
小合計 71万円
1年次諸経費 7万円
教科書・器具 -
小合計 7万円
合計 78万円

* 両科とも入学金に関しては、京都府内在住者は10万円を減額します。

* 研修旅行費は、諸経費に含まれています。


その他

①授業料・実習費・施設維持費については、前学期・後学期の分納制を適用する
②1年次諸経費(衛生士科:70,000円、技工士科:90,000円)
  教科書・器具代(衛生士科:約300,000円、技工士科:約360,000円)を4月中旬に納入する。
③それぞれの納入方法については、入学式(例年4月上旬)の1ヶ月前に手続き書類にて通知する。
④衛生士科において、専門学校、短大、大学で履修された科目が本科の科目と同等あるいは、それ以上のものであると認められた場合、単位認定を行う制度がある。申請を希望する者は、卒業時の成績証明書1通と、履修内容が明記されているシラバス、講義の記録、教科書等を準備しておくこと。申請の時期は、追って連絡する。